【体験談あり】フィンジアが効かない?効果や副作用をチェック!

フィンジアは、メディアでも取り上げられている今話題のヘアトニックスカルプケアアイテムです。臨床試験で効果があることが認められているという点で、反響を呼び大人気となっています。

他の育毛剤とは異なる成分が配合されていて効果があって信頼性の高い育毛剤となっています。今薄毛のお悩みがある人はフィンジアについてご紹介していきますので、ぜひ読んでみてください。

日本と海外で臨床試験が行われたフィンジア

フィンジアで育毛効果があるとされている成分はキャピキシルとピディオキシジルになります。

この2つの成分は日本だけでなく海外でも育毛効果があると、しっかり試験で証明されているので信頼して使うことができる育毛剤となります。

キャピキシルってどんな成分なのか

キャピキシルは実は単体の成分ではありません。2つの成分で構成されています。

アカツメクサ花エキスという成分とアセチルテトラペプチドという成分で作られています。

アカツメクサ花エキスは、男性脱毛症の原因となる物質が働くのを抑える効果があるとされていてイソフラボンの一種であるビオカニンAという成分が脱毛抑制作用を発揮してくれます。

アセチルテトラペプチドは、髪の毛を成長させる働きがある事が分かっています。

アミノ酸の結合体であるアセチルテトラペプチドは、毛根周辺に働きかけて細胞の再生や髪の成長を促してくれます。

抜け毛を防ぎながら新しい髪の成長を助けることができるのがキャピキシルです。

2つとも薄毛の改善に役立つ成分ですので、その2つの成分が合体すれば薄毛改善効果もよりアップすることが期待できますね。

臨床試験で実証された効果

いくつかの試験が行われていますが、各試験の結果はきちんと論文として公表されています。そのため論文を見れば本当に効果がある事が分かります。

試験のうちの1つに薄毛の男性に4か月間キャピキシルを使用したというものがありますが、4週間後には髪の量が増えているという結果が出ています。

また抜けてしまう可能性のある髪が減っていることも分かっていて抜け毛予防があることがしっかりと証明されています。

ミノキシジルとピディオキシジル

育毛効果のある成分としてミノキシジルがありますが、キャピキシルには配合されていません。その代わりにピディオキシジルが配合されています。

ピディオキシジルは、ミノキシジル誘導体とも呼ばれていて、構造がとても似ています。
ミノキシジルは副作用が出てしまう人がいるのですが、その副作用を抑えて安心して使えるようにされたのがピディオキシジルという事になっています。

ピディオキシジルを使用することで、髪の毛に栄養をしっかりと届けることができたり、髪の成長をサポートしたりしてくれます。抜け毛を減らして髪を強く太く成長させてくれる成分となっています。

ミノキシジルと比較してピディオキシジルは3倍の育毛効果があるというような結果も出ていますのでより早く育毛効果を実感できることになるでしょう。

臨床試験でも認められたピディオキシジル

臨床試験でもピディオキシジルの効果がある事が認められました。イタリアで行われた4件の試験は論文にまとめられています。しっかり検証されていると安心して使うことができますね。

ピディオキシジルは、まつ毛を増やすことができる美容液にも使われているので発毛効果や育毛効果がある事は認められています。

高濃度でピディオキシジルを配合しているので、より発毛効果、育毛効果がある事が分かります。

日本で行われた臨床試験

国内では成分での検証ではなく、フィンジアそのものを使って育毛効果があるのかどうか検証されています。より現実的な検証試験ですね。

フィンジアの試験結果は、化粧品などの専門誌にも紹介されていますし、商品のプレスリリースにも紹介されました。他にもフレグランスジャーナルなど数多くの誌面で取り上げられています。

フィンジアを使用して得られた効果として、髪の毛の量が増えている、髪の毛の成長が早くなった、髪の本数が増えたというようなデータが挙げられています。

フィンジアは、実は胃医薬部外品扱いされていません。育毛剤の中には医薬部外品扱いされている商品が多いのですが、フィンジアは化粧品となっています。

化粧品となっていると効果は薄いのではないか、あまり効果が出ないのではないか、医薬部外品扱いされているもののほうが効果が出るのではないかと思うかもしれません。

しかしフィンジアの臨床結果を見れば、化粧品であってもきちんと効果が出ることが分かります。

フィンジアのその他の配合成分も確認

フィンジアには、育毛効果のある成分だけでなく頭皮環境を整えてくれる成分として厳選されたものを配合しています。薄毛を改善させるために頭皮環境を整える必要があります。

そのために配合されているのが、SPEテクノロジーと呼ばれるものです。

カプサイシンを使用して作られている成分で、頭皮の血流を良くする働きがあります。それによって頭皮に栄養成分をよりしっかりと届けることができます。

血流の悪い頭皮の場合、せっかく育毛成分や発毛成分を取り入れても中に浸透してくれません。

頭皮の血流が良いとよりしっかり育毛成分が浸透してくれますので、きれいで強い髪が育ちやすくなります。

使うっているのに毛が抜けるのはどうして?

フィンジアを使い始めてすぐの時期に、薄毛が増えているように感じることがあるとされています。これは初期脱毛という症状で、薄毛ケアで起こる副作用の1つとされています。

特に内服薬を使用する薄毛治療で多くある症状なのですが、まれに塗り薬や育毛剤でも起こる可能性があります。

使い続けていくことでだんだんと症状が落ち着いていきますのであまり慌てずに様子を見るようにしましょう。

より効果を出すための使い方として軽い頭皮マッサージをおすすめします。血流を良くしてよりしっかりと栄養成分が届くようにしてくれます。

それから生活習慣も見直したほうが良いです。抜け毛になりやすい生活習慣は控えましょう。

フィンジアの効果

フィンジアは様々な角度から薄毛のケアができる商品となっています。抜け毛を防いで強い髪を育てる効果、今ある髪を成長させる効果、頭皮のトラブルを改善する効果があります。

薄毛が気になっている人はもちろん、早めに薄毛の対策をしておきたい人におすすめの育毛剤となっています。

フィンジアの効果については口コミでも沢山の声があがっていますのでぜひチェックしてみてください。

フィンジアって副作用は無いの?

フィンジアは副作用は無いのでしょうか。副作用がある商品となると使う前に大丈夫かなと不安になりますね。調べてみるとフィンジアは化粧品となっていますので、副作用は基本的に無いとされています。

しかし実際には気になる事もあるのです。どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

性機能障害が出る可能性も?

脱毛ホルモンであるDHTを抑制してしまう事によって、性機能障害が出るのではないかという懸念がされています。

しかし実際には外用剤なので、この影響が出てしまうのは塗っている頭皮の部分に限られるとされています。体には影響がないようなので安心してください。

頭皮刺激が気になる

フィンジアにはメントールやカプサイシンが配合されています。

この2つの成分に共通するのが刺激性です。メントールは頭がすっきりとした感じになる成分でもあり頭皮のスカルプケアにはぴったりなのですが、使用した後に頭皮がツーンとする感じもあります。

これが苦手という人もいますね。カプサイシンは頭皮の血行を促してくれますが、頭皮にトラブルがあるとひりひりしたり熱く感じたりしてしまいます。

フィンジアはアレルギーがあったり、頭皮にトラブルが無い場合は使えますが、頭皮が敏感になっている人は注意が必要です。

心配な場合はパッチテストをしてから使い始めるようにするか、少量ずつ使ってみるようにしましょう。

ミノキシジル誘導体やピディオキシジルで起こる副作用って?

ミノキシジルは副作用が強いことで知られている成分です。かぶれてしまう人が多いです。しかしミノキシジル誘導体は刺激性を抑えているので安心です。

フィンジアは比較的安心して使える育毛剤となっていますので、他の育毛剤でトラブルが出てしまった人や他の育毛剤で思うような効果が得られなかったという人はぜひ使ってみてください。

まとめ

フィンジアは男性の薄毛に特化している商品になっているので、女性の薄毛の場合はあまり効果を実感することができないとされています。女性の場合は女性専用の育毛剤を使用してくださいね。

またフィンジアは薄毛の進行が早くほとんど髪が無いという人には効果を期待できない育毛剤です。

これから生えてくる髪の毛がある人、抜け毛を防ぎたい人にはその効果を実感できるものですが、全く髪が無い状態となると期待できません。

そのような場合は、育毛剤だけでは難しいのでクリニックに相談しましょう。男性の薄毛は早い段階でケアすればするほど、以前の状態を取り戻しやすくなります。

薄毛のお悩みがある人はフィンジアで早めに対処していきたいですね。